あるていどの金額をネット副業で稼いでいるような実力者は、コンサルタントの仕事をやるのもいいかもしれません。コンサルタントといっても、ちょっとした片手間でできるようなもので十分です。対面してのアドバイスをウリとする仕事というよりは、せいぜいスカイプチャットやメールなどでアドバイスを送るくらいにとどめておけば、コンサルタント業もネット副業になりえるでしょう。現在、こういった仕事を行っている人というのは着実に増加傾向を辿っているようで、選択肢としては候補に挙がるものです。

もちろん、今は稼げていないけど将来的にはそういった仕事を行うようになりたいなと考えている場合もあるかもしれません。今のうちから計画しておくと、いざそのような段取りになった場合にスムーズに事が運ぶのでわるくないかもしれませんが、まだ稼げていない場合は、どちらかというと稼げるようになるための方法を模索していったほうがいいです。

なぜかというと、実際に稼げるようになるかどうかはその人の実力次第だからです。せっかくコンサルタント業をゆくゆくはやりたいと考えていたとしても、稼げるようにならなければ話にならないのです。したがって、優先すべきことは、まずはネット副業で稼げるようになること。その上でコンサルタント業のことを考えるくらいがベストバランスであるといえるのではないでしょうか?

ただ、これはあくまでも王道的なものであって、コンサルタント業をやるような人たちというものはヒトクセもフタクセもあるので、こういった王道を真っ向から否定して、独自路線を突き進むことも悪くないのかもしれません。この辺は筆者自身が到達していない領域でもあるので、深く言及することは避けますが、もし、自分が異端派だという自覚があり、周りに流されるのは性に合わないというタイプなら、今までの書いた内容は参考程度に留めておいてもらって、自分の進みたいようにやってみるのもいいかもしれません。