インターネットの怖さ

いままでインターネットの素晴らしさについて書いてきましたが、今回はインターネットの危険性についても書いてみたいと思います。インターネットを利用したことがないっていう人はなかなかいないのではないでしょうか。誰でも気軽に利用できるようになりました。スマートフォンも普及しよりネットにアクセスしやすくなったかと思います。しかしネットを楽しむ上で気をつけなけれいけない事が多々あります。無知識では非常に危険なのです。たとえば個人情報の漏えい。個人情報漏えいのニュースはよく聞きます。当然他人事では無いのです。ヤフーやベネッセといったトップ企業が個人情報漏えいした事件も記憶に新しいのではないでしょうか?勿論日本だけでなく海外でも頻繁に起こっているのです。インターネットサービスを利用する際アカウント登録をしますよね?きっとひとつやふたつのサイトでは無いでしょう。フェイスブック、ツイッターをはじめとしたsnsやアマゾンをはじめとした通販サイト。それらのサービスを使うさいに私たちは個人情報を預けているという認識を忘れてはいけません。100%ネットによる被害から逃れるのはむずかしいでしょう。インターネットを利用する以上は仕方がない。ですがある程度予防することはできるかと思います。まず個人情報を盗みとる手口から考えるべきです。ウイルスを使って盗む方法がまずあります。メールなどに添付して送る。そしてウイルスが個人情報を外部に流出させてしまうのです。後は偽のホームページを作成しユーザーに個人情報を登録させる。以上をふまえて対策を考えると、怪しいホームページにはアクセスしないとかいかにも怪しいメールは削除したりとかやれることはあるわけです。ウイルス対策のアプリやソフトを入れておくのも重要ですね。またその他で気をつけるべきことがあります。アカウント作成の使用するパスワードの使いまわし。これは本当に危険なようなのでおもいあたるふしがある人は面倒ですが別々のパスワードにしましょう。登録してる複数のサイトから個人情報が漏れますから被害は甚大です。

SNSでもご購読できます。