先物取引ってちょっと難しそう・・・。

最近バイナリーオプションに興味を持ってから、株取引についていろいろ勉強しております。特にきっかけがあるわけではないいんですが一般常識としてしていて損は無いかなと思ってまして。知り合いがバイナリーで稼ぎはじめたのがキッカケで日経新聞や経済のニュースとかを読んでいても為替関係の記事が気になってしまってわからないなりに読んだり見たり。そんななか良く見る『先物』という単語。どういう意味なのか凄く気になっていたんです。先物ってどういう意味なんだろう。経済新聞じゃなくて普通に会話の中で聞こえたらファッション界の用語かなと考えてしまいます。春の時点で夏物を買っちゃうといいますか。今はインターネットの時代。早速調べてみました。先物取引とは予め買う事を約束していることです。買う約束の時期に商品の価値が買うと決めた時点での価値が上がっているか下がっているのかはわかりません。もし上がっていれば差額分利益が出るし、下がっていれば損をしています。ちょっとイメージしずらい面があるかをしもしれません。普段の買い物とは違いますからね。普段の買い物たとえばコンビニとかでの買い物では決められた価格をその場で支払って商品を貰います。当然差額なんてものはうまれません。しかし先物取引は違います。予め価値の上がりそうな商品をある一定期間後に買う契約を先にします。後の売買際に買う契約をした際の金額との差額で損得がきまるわけです。自分で書いててややこしいなと思ってきました。なんかわかり易い例えはないのでしょうか・・・。思いつきません。すいません。先物取引と株の違いがそもそも良く分からないですよね。調べてみるといろいろ違うようです。当然ですが。株を買うのはまずその株の金額がそのまま必要なんです。株が1万なら一万円ないと買えません。しかし先物取引のば場合は違います。全額はでは無く一部の金額で取引が出来ます。前払いといいますか。あとは保持できる時間が違います。株の場合は自分の理想の金額になるまで保持することが可能です。利益が出るなとおもったら自分のタイミングでうれます。しかし先物は違います。先物は取引時間が決まっています。どちらにせよ投資をはじめるには知識がまだ足りなそうです。

SNSでもご購読できます。