主婦の副業として料理教室を始めた友人

私の友人は主婦の副業として料理教室を始めました。
友人はもとから料理が大好きな子で、小さい時から将来は料理に携わる仕事に就きたいと夢を語っていました。
小学校の頃は料理クラブに入って一生懸命いろいろな料理を作って目を輝かせていました。
中学に入ってからは運動部に入って汗を流していましたが、自宅でお母さんと一緒に料理を作って日々レシピを増やしていたそうです。
高校に入るといよいよ進路選択です。
最初は料理の専門学校に行こうとも思った友人ですが、ご両親に大学進学を勧められて、大学の文学部に行きました。
家政学部なども考えていたようですが、就職のことを考えて文学部にしたそうです。
大学に入ってからも友人は料理は好きでしたが、結局普通の企業に就職することにしたと聞いて私は少し残念でした。

友人に転機が訪れたのは結婚してからです。
旦那さんの転勤があってそれまで勤めていた企業を退職することになりました。
転勤先でも仕事を探そうかなと考えていたところ、主婦の副業というのがあるのを知ったそうです。
自宅で何かできるのが主婦の副業の良いところでもあるので、駄目もとで自宅で料理教室を開こうと思い立ったそうです。
転勤先でできた友達に声をかけてみたところ、料理教室に興味がある人がたくさんいたこともあり、まずは平日に開催することにしたそうです。
予想以上に料理教室は大盛況で、今や毎回定員いっぱいだと言っていました。
友人は本当に料理が上手なので、絶対に成功すると思っていましたが、それを聞いて私も嬉しくなりました。
今はなかなか遠くて会えないですが、友人に会いに行った時に私も友人の料理教室に参加させてもらおうと思っています。

子供の頃からの夢を一度は諦めかけていた友人でしたが、結婚を機に料理の仕事に携わるという夢を叶えることができて本当に良かったなと思います。
これからも友人の料理教室がうまくいくように応援していきたいなと思っています。

SNSでもご購読できます。